第35回笹沢駅伝大会!

大雨予報が出ているなか、

第35回笹沢駅伝が開催されました〜!

 

 

 

笹沢会の説明をすると・・・

津南町の川西の地域である、外丸地区(押付、小島、巻下、外丸)と三箇地区(辰ノ口、鹿渡、鹿渡新田)の有志で構成された会。スポーツを通して地域の交流の場(駅伝大会、ウォーキング、輪投げ大会など)を企画・運営している。

 

 

そんな笹沢会のイベントの中でも、

地域のみなさんが一番

思い入れがあるであろうイベントが

この「笹沢駅伝」!

 

 

 

この地域に住んだ人であれば、

一度は走る駅伝大会。

 

 

 

この日は家にいる

おじいちゃんおばあちゃんも

家族みんなで沿道に応援に出ます。

 

 

 

最近は少子高齢化により、

チーム編成に悩む集落も増えてきたそうですが

それでもこの駅伝だけは!

とみなさんがつないでいます。

 

 

 

今回は35回の記念大会として

スペシャルゲストとして

津南町出身でご活躍されている方をお呼びして

サイン争奪じゃんけん大会も始まり

とても盛り上がりました!

 

 

 

入賞してメダルをもらった子どもや

現役で活躍している選手からサインをもらった子どもたちの表情は

とても晴れやかで生き生きとしていました。

 

 

 

巷では「イベント疲れ」という言葉が聞かれるようになり

「地域活性化のため」という言葉に踊らされ

イベントを増やしたり、続けることだけが

地域のためではないと常々思ってはいますが

 

 

次世代を生きる子どもたちのために

なにを残していくのか

 

 

それを軸に考えていける地域でありたいなと思います。

 

 

 

 

笹沢駅伝は地域の子どもたちの

笑顔が光る大会でした。

 

 

参加選手のみなさん、

役員のみなさん

大変お疲れさまでした!